『意志(Intention)』



【新神戸空港を佐賀空港に向かって離陸したばっかです!】

 

数年ほど前の夏のことです!

 

スピリチュアル系を信奉している知人からこんな警告を受けました。
「今度の9・11に、再度、日本に禊ぎが行われると啓示がありました。どこに居ても、何をされていても、心鎮めて対処して

下さい!」

 

一月はじめには、彼の奥様が霊感を感じるそうなので・・・、
「富士山から赤いモノが流れている・・・、十分に注意して下さい!」

彼への「スピリチュアルな世界の神様」からの啓示だったそうです(^^;

 

もちろん・・・なぁ〜んにも起こらなかった(^^;
まだ富士山も大丈夫(^^)

「心鎮めて対処」・・・これも曖昧ですねぇ〜(^^;
具体的にどうしたらいいのか・・・?
富士山近くに行っちゃダメなの?


彼らは、もちろんFacebookなどSNSへ大々的に公表すればいいのですが、・・・しない!
クローズドな仲間内では、公然の事実のように・・・流布し合う(^^;

彼らが自信を持って公言できない理由は簡単です!
世間からの非難を受けたくない・・・怖い(^^;

 

なぜか?・・・当たらないかも知れないから(^^)・・・薄々感じている(^^;
彼らの潜在意識の中には、なにか「不幸なこと」「災害が起きればいいなぁ〜」という根本的にマイナスの希望がある!

 

当たらなければ仲間内で、「我々の祈りが通じたから! 
やっぱり良かった、良かった(^^)」で済むから・・・(^^)

 

で・・・私になぜ連絡があったかと言いますと、私はアウトサイダーなのですが、決してその考えを否定する姿勢を彼や

彼の仲間たちに持たないからなのです。

 

以前にもお話しましたが「前兆」を感じたら、そこから起こりうる最悪のケースや多くのリスクを想定して、できる限りの

準備をすべきと考えるからなのです。

 

ですから、彼からの警告はお告げでもなんでもないのです!

私にとっては、薄らいでいた危機意識を覚醒させてくれた(^^)

彼から警告を受けてすぐ、家内に手巻き充電器とラジオの使い方を再訓練し、ヘルメットやサバイバル・ナップサック一式を

仏間に並べさせ、1週間の出張に出かけました。


笑っちゃ・・・ダメですよ(^^)
彼らは真剣、・・・ボクは危機感を植え付けていただいてありがとう!

 

で・・・実際に何も起こらなかったら・・・彼らは、偉大な神様のおかげ! 

私たちの祈りのおかげ!

 

ボクは、ただただ・・・良かったぁ〜(^^)

で・・・万が一、なにか起こったら・・・彼らは、やはり神様は正しい! もっと信じよう!

 

ボクは、生きていて良かったぁ(^^)・・・死んでいたかも・・・?
家族への対応を「いの一番」に考える! 続いて、周囲の状況から自分の為せることを!

 

いまでも、福島県いわき市に居住いたしております。
「そんなの普通・・・自然じゃぁない!?」
と普通の人たちは言います。

 

「いいや! とんでもない! 危険だよ!」
と放射能に敏感、違和感を感じている人たちは言います。

 

「意志が固いんだから!」・・・これは当たりません(^^;

私のように還暦を過ぎた者は、10年後、20年後に原発事故に関わる放射能被爆による影響でどうにかなったんだと

国や東電に訴えても、係争中にお陀仏だし・・・(^^;

治療の甲斐なく・・・結局、国民医療費のムダ使いにもなるし・・・(^^;

だから偉そうに、もう開け直って住んでいるだけなのです(^^)

 

もちろん、なるべくこれ以上の被爆を最小限に抑えるようにはいたしておりますが・・・(^^)

だんだん、放射能のことについて国民の意識は薄らぎつつあることは事実です!
「住めば都」とはいいますが、確かに放射能は見えないのです!
変な臭いだってまったくないのです!

ある人は、美しい郷土が汚染されているなんて信じたくない・・・(^^;

ある人は、わかっちゃいるけれど・・・どうしょうもできない(^^;

ある人は、ただただ・・・・・怖いだけ(^^;

私の知る限りで、全くの「無知蒙昧」、ラッタラタァで「これが人生だぁ!」とやけくそになっている人も・・・(^^)


そこで本題の意志(Intention)について・・・チョコッと(もう言い訳でゴメン!)

「何かをしたい!」
「これはやりたくない!」
という明確な考えを持っていることが「意志」なのですね!

 

私はいつも思うのです!

 

日本人ほど「意志決定能力」の高い国民はいないと・・・(^^)
「えぇ〜、低いって言うと思ったけれど・・・?」
いえいえ! 日本人は正しい「意志決定」のできる有意な「能力」をDNAに持っていることを誇りを持って下さい!


だから、政府も学者も、関係機関も・・・何かことが起こったら事実をディスクローズ(開示)すべきなのです!
そうすれば、「何かをしよう!」と決意するのです。
そして、実行する能力だってあるのです!

 

この「意志」には、「自己責任能力」も付帯しているのです!
「意志」ある者は、ほとんどの場合、未来を見据えています。
だから、そこに起こりうる「リスク」も承知の上なのです。

自分自身の、組織リーダーとして、「目的」を明確にする能力があるからこそ、「意志」が芽生えるのです!

 

そして、その「目的」を達成するために「計画」を練り、それを実現しようとする「精神的働き」も「意志」なのですね!

よくよく考えますと、「知識」に対してのさらなる挑戦が「意志」なのです!

 

また、「感情」を抑制するものも「意志」なのです。

ここで衝撃的な見解を述べますと、脳障害以外の「精神疾患」は「意志能力」の欠如と考えても良いのです!
欠如と述べましたのは、「訓練」ができるからなのです!

 

 

今まで、書かせていただいている持論・時論は、私の「意志」なのですね!?

「意志」という言葉を使うなら、
「意志を貫く」
「意志の強い人」
「意志薄弱」
などがありますね!?

 

これらはすべて、「何かをしよう!」「何かをしたい!」という気持ちに対しての表現となりますね?

その気持ちの少ない人を「意志薄弱」なんて蔑んでしまいます。

 

あの福島第1原発事故直後のア管総理大臣は、「意志を貫いて」いるようですし、「意志の強い人」のようにも思うのですが、

「意志薄弱」だったと言っても間違いではありません!?
だったら、・・・、「おかしい!」じゃん(^^;

 

そうなのです!
こういうのを「神経衰弱症状」ともいうのです!

あの危機的状況下での為政者として、国家の安泰と国民の安全・安心を保障する「最高意志決定者」が総理大臣なのですよね!?

なのに国家を危機に瀕させ、国民には不安と被害までももたらした(^^;
「天誅」が降らなかったことが不思議なくらいですね!?

 

ビジネス・リーダーは、「意志」を明確にし、その「意志」を貫徹し、同時に、部下や上司、関係各位と「意思疎通」する能力が

期待されるのですね!

とりもなおさず、これは「コミュニケーション能力」であり、「人間関係構築能力」なのです!


未曾有の危機に見舞われている国家と世界を、どのように鳥瞰し、どのように「意志決定」=「決断」し、「即時対応」するのかが、ビジネス・リーダーの非常に重要な素養でもあるのですね!?

 

 

いわき経営コンサルタント事務所ホームページ

http://www.imcfujimoto.net/

 

いわき夢実現塾

https://imcfujimoto.net/free/school

 

 




ホーム事務所概要事業案内いわき夢実現塾お問い合せ

代表プロフィール視察記 | ビジネスと人生に役立つメルマガ「人生いろは考」代表藤本のブログ

経営コンサルタントの重宝リンク集 | リンク