『記憶力(Memory)』


【大利根の支流です!】

スピリチュアルな人々の間では、2012年は「アセンション」とかいうのが
やってくるはずだったそうなのです・・・(^^;
「アセンション」とは、三次元から五次元へ移行することなんだそうです(^^;
物質世界から意識世界への昇華(しょうか)だそうです(^^;
物質世界の重い波動を超越して、軽やかな、あるがままの自分に戻るのだそう
です(^^;
私には、さっぱり分かりません・・・(^^;
マヤ歴が、2012年の12月21日で終わると騒いだのですが・・・(^^;
テレビでもやっていましたね!?
その日に地球や人類は破滅するとか・・・(^^;・・・???
まぁ〜、「ノストラダムスの大予言」も・・・
当たりませんでしたしぃ・・・(^^;
でも、But,しかし、・・・、
私たちの生存中に、世にも恐ろしい阪神神戸大震災が、そして2年前の3月11日には、今世紀最大級の地震、津波が発生し、その現場を直に観ました!(^^;
私はそれを経験しました。
「絶対安全神話」で丸隠しされていた原発が未曾有の事故が発生しました(^^;
途方もなく絶望的な、復旧どころではない余談を許さない状況のまま、見えない放射能被害が日本全国に浸潤しつつあります(^^;
昨今、汚染水プールの漏水事故は、「ははぁ〜ん」どころではない事態なんです
よね!?・・・なのに、大問題にしたくない(^^;・・・・・なぜ?
2008年(平成20年)9月に、米国投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻しました。
未だに金融機関をはじめとして隠蔽と偽装によって、その波紋が広がり、ついに欧州に伝搬し、世界金融危機はいつ起こってもおかしくない中、日本では副作用絶大なる「アベノミクス」がなんとか円高を押さえ、GDPを向上させ、有効求人倍率をうんと向上させています。
ほぼ間違いなく、今、私たちの住む日本も世界も、大変に大きな転換期に差し掛かっていることは否めません!
私だけではなく、読者の皆さんも含めて、多くの人が、これからも起こりうることを肌で感じているはずです!
しかし、上述の「アセンション」であるのかどうかは・・・???です!
有史を振り返って観れば、同様の「時代の転換期」は過去にも起こっております。
「秋」の後には、必ず「冬」になりました・・・?(ヘンな表現ですが・・・)。
秋冬の境がどこにあるのかは解りません(^^;
でも、確かに今「春」だなぁ・・・て(^0^)
「冬」あの後には「夏」が必ず来ます。そして。実りの「秋」へと、これは真実です!
ですから、地球が爆発したり、宇宙から衛星がぶつかったり、自転現象が狂っ
たりしなければ、「春」⇒「夏」⇒「秋」⇒「冬」の順番は、過去からも未来も
永劫に変わることはありません!
ですから、いま「冬」の時代に入ったか、入っているなら、「春」を待ち、「春」の準備を怠らないことだけなんです。
「春」になれば、「種まき」の時期なんですから、「いい種」を探し、「いい畑、田んぼ」にその「種」を丁寧に蒔くんでしょうね!?
「夏」になれば、「日照り」で乾燥しないように水をまき、栄養をいっぱい吸収できるような環境と正しい栄養を与えるんですよね!?
「秋」は、やはり「実りの秋」ですから、しっかり「収穫」し、・・・、「冬」は寝て暮らす(^0^)
何も一年を通じてだけではなく、個人の一生や家系一代のサイクルに「春夏秋冬」を当てはめて考え、素直にそれに従って、真面目に生きる・・・(^0^)
今に似た時代が日本にあったんだろうか?って考えますと、近代では幕末維新でしたね!?
そして、1929年に起こった世界恐慌も・・・。
それに連動して第二次世界大戦が勃発しました。
「時代の転換期」には、必ず過去の体制や政治、経済、金融、哲学や思想までもが行き詰まるといいでしょう!
「歴史」を振り返いりますと、そこから必ず新しいものが生まれています!
ですから、たった今からこれからの人生は、「産みの苦しみ」がある「混乱期」ではないでしょうか!?
エコノミストも、評論家も、大企業経営者も、毎年年度末や新春に、マスメディアからインタビューを受けて、「201▲年はどんな年になるのか?」を訊かれますね!?
面白いですね(^0^)
専門家である皆さんの回答が違うんですよ!
毎年・・・(^^;
ですから、本当は、日本や世界がどうなるのかは、誰ぁ〜れも解らないのです(^^;
でもですねぇ〜、あなたご自身の、これからの人生を予測することは可能でしょう!?
いいですかぁ!
「占い」とか「予言」よりも一番いい方法は、自分自身の今までなしてきたことを脚下照顧して、これからの抱負とこれからやらねばならない課題を見つけるべきなんです!
「誰かが・・・なんとか・・・やってくれる・・・」と考えるのは絶対に間違い!
地球・自然、社会経済の変化は確かに激変することがあります。
おそらく、これからはそれがまた、かつてないほどのものになりそうな気配があります。
でも、どうなるかは・・・やはり分かんない(^^;
とは言うものの、人生は自分で作り出す以外ないのですよね!?
あれほどの悲惨な震災・津波の被害を被りながら、復興・復旧のために、果敢に取り組んでいる人が数え切れないほどいます!
ぜひ今から、来る3〜5年の間に何をしたいのか?
何を手にしたいのか?
を計画しようではありませんか!?
世の中がどう変わろうとも、自らの行動でしか、「人生」を切り開いていくしかないですよね!?
腑抜けの政府、官僚・行政のやることは信用おけません!
地球物理学現象で起こることは、・・・予測したり、・・・コントロールすることなどは、現在科学では到底不可能です!
でも、自分自身の人生は、自身の行動次第で大きく影響を及ぼします!
もしや、エゴイックかも知れませんが、国家や世界の社会経済状況がどんなに悪くても、自分自身、ご家族の状況は、なにも、必ずしも同じである必要などありません!
実はそうなのです!
自らの力で自分自身の人生を切り開こうとする人達の共通することは、ややもすると社会の流れと逆行することがあります!
ですから、「世間体」を特段に気にするべきではありません!
私の知人には、混沌とした時期、震災や原発事故による不安定な世の中でも、確実に売り上げ伸ばしたり、企業規模を大きくし、公私ともに「夢」を実現している人がたくさんいます!
どうやら、「時代の転換期」には、古い体制や安定にしがみつくことの方がリスクが大きい可能性が高いように考えます!
そのためにも、「決断力」と「行動力」は必要不可欠な精神要素になります!
また、新しいアイデアをいち早く吸収していく「学習能力」も同様です!
そのためにも・・・実は、「記憶力(Memory)」というのは非常に大事なのです!
なんのことはなく「学習能力」というのは「記憶力(心身共の)」のことです!
とかなんとか言いましても・・・最近、「記憶力」の衰えとあっちの衰えにはショックを覚えておりますので、偉そうなことは言えませんが・・・(^^;
実は私、まぁ〜とにかく、つまんないことにだけは非常に「記憶力」がいいんです(^^)
あるところで教わった「記憶力」を維持向上する方法を実践の上、受け売りします!
決して、「記憶術」ではありませんので・・・!
その方からは、まず自分の「忘れ方」を知っとけって教わりました(^0^)
記憶力を維持向上する一番のコツは、自分の「忘れ方」を知ることなのだそうです!
人間各人、覚えてから忘れるまでの時間があるのだそうです!
  1分で忘れる人(^^;
  1時間で忘れちゃう人(^^;・・・私はこの辺(^0^)
  1日は持つ人(^0^)
  3日で忘れる人(^0^)
なんと3週間も残っている人(^0^)
がはははっ!
実は、記憶している「情報の種類」によって違うんですが・・・!
一般論にはなるんですが、「記憶力」を良くする方法をとっている人たちは、記憶がどうも3〜4割失われたなぁっていうタイミングでおさらいしているそうです(^0^)
ですから、自分の記憶パターンを観察してみて、3割程忘れたかなぁと思う頃、復習をしてみましょうか!?
憶える方法を工夫するのも重要でしょうね!?
憶えやすい方法を工夫するといっても、これまた人のやっている通りではいけないのですね!
自分にとってよく理解できるようにする。
この辺は、脳科学の先生のおっしゃることですが、脳というシステムは情報そのものを憶えていくのではないのだそうです!
「情報のまとまり」を処理してゆく「仕方」を、獲得・蓄積していくシステムが「脳」なのだそうです(^^;
ですから、自分は絵にすると覚えやすいのであれば、絵のイメージを作る!
その極めつけが、「マインド・マップ」のようになるんでしょうね!?
自分の言葉で言い替えると理解しやすいなら、その言葉に直す。
脳には、画像的な記憶(視空間メモリー)もあるそうです!
たとえば、・・・あるシーンを写真の細部を憶えるようにして記憶したり、重要な事項はノートに図式でまとめて憶えたりすること自体が脳のシステムにピッタンコの憶え方なのだそうです!
画像や図式を多用して憶えることは、記憶力を有効活用するコツだそうです!
そういえば、女性の方から思いっきりお叱りを受けると思いますが、私の若かりし頃、お勉強中になにやらスケベなイメージに置き換えて、分身がいきり立ったこと多々(^0^)
おかげで、試験中なども下半身が反応してくれたような・・・(^0^)
次に、これは私も良くやることなのですが、「感心、感動しながら憶える」といいんですよね!
まぁ言ってみれば、体に覚え込ませるように「ウンウン」「なるほど」と大げさに感心したり、感動してみながら憶えるのも脳科学ではOK!OK!だそうです(^0^)
これまた別の言葉で「アンカリング(錨を降ろす)」と言います。
脳というのは、感動なしの丸暗記が苦手なのだそうです。
しっかり記憶したいことがあることは、「でへへぇ〜今、すごいことを憶えてんだぁ」と・・・ニヤァ〜としてみたりするわけです(^0^)
またワクワクしながら憶えると、記憶が定着しやすくなるそうです。
また、「記憶術」でも教える「物語」にして憶えるという方法も良いみたいですね!?
万物の霊長;人類は、火を発見したことと、言葉を獲得したことで、飛躍的に成長しました。その成長のほとんどは「記憶力」なんですね!
これを子孫に残してゆくことをし続けたわけです。
記憶すべきことを物語のように、つながりで憶えますと、これまた記憶の定着が良くなるそうです(^0^)
なんと私達の脳は生まれてすぐに、言葉(音)に反応できる部位を持つそうです!
憶えたいことを口に出して繰り返しすと格段に記憶しやすいのだそうです!
また、憶えたことを声に出すのに他人を活用するとこれまたいいのです(^0^)
それは憶えたことを試しに、親しいい人に話してみるのです!
ひんぱんに憶えたことを表現するように勤めると、脳科学では、「中期記憶」や「長期記憶」を高めるのだそうです!
もっと、「記憶力」を鍛える方法に「単純計算」「音読」「暗誦」がお勧めです!
脳を鍛えるためには、「九九計算」などを使った「単純計算」とか、「音読」「暗誦」は効果的ですね!
これは子供の教育法としてだけでなく、なんと認知症の脳機能維持や回復にも役立つことが知られています!

「単純計算」や「暗記」などをしているときは、脳の広い範囲で強い活動が見られるそうです!
コツどころは、黙って考えるのではなく、「声に出して」・・・その声を「自分の耳」で聞いたり、書いて、それを目で見ると、さらに脳が活性化するのだそうです!
たかが、反復計算、つまらん暗記、・・・と思わないで下さい!
実は、おおよそ10年前に私は、自家用操縦士(軽飛行機)の免許を取得しました。
まぁ〜とにかく、「メモリー(記憶)」することを強要されます。
飛行機が飛んでいる間、なにかことが起こったら大変です。
ですから、体に計器や状態をチェックする癖を覚え込ませるのです!
チェックリストというのがあり、それを丸暗記させられます。
一つ一つ、目で点呼しながら計器や操縦桿、レバーなどを操作するのです。
それともう一つ、管制官とのやりとりには航空英語という特殊な英語での交信通話をするのですが、これも頭では憶えることができません。
何度もなんども、シチュエーションをイメージしながら、暗唱する訓練を自分でやるんです。
そうでないと、意識がそっちに行って交信している間に、飛行機がアッチにいったり、急降下していたりするんです。
実に若返りました(^0^)
補足の様ですが、若さの秘訣をアンケートして調べた結果、トップは物づくりや調理なのだそうです!
絵画・図画工作や料理、書道、楽器演奏なども脳活動を高めるそうです!
プラモデルなどは、大人でも前頭葉の活動が活発になること証明されています!
日曜大工もまったく同様ですね!
もちろん、お料理をした場合も同じ結果が出ているそうです!
最近流行の軽いトレッキング運動、写真撮影もバッチシなのだそうです!
スポーツジムで自転車マシンを使って負荷のかかる運動をすると、前頭葉の血液量が増えるそうです!
適度な運動の後、なんと計算能力が高くなることは昔から証明されています!
写真撮影なども、同じ様な反応が脳に起こるそうです!
手頃な一眼レフ、デジカメが、安価にたくさん販売されています!
携帯電話、スマフォでも撮影ができますね!
前頭葉というのは、ストレスがかかるような記憶で目いっぱいになると、新しいことを考え出す力が低下するのだそうです!
ですから、ストレスは早めに解消し、ゆとりのある毎日を送ることも「記憶力」を維持向上するのには不可欠なことなんですね!
ストレス・・・なんて話になりますと、「睡眠」「バランスの良い食事」などにも言及しなくてはならなくなりますので、また、いつしか・・・(^0^)
ということで、ビジネス・リーダーたるもの・・・とにもかくにも「記憶力(Memory)」は、必要にして十分なる能力なのです!
もう、受験などする必要はないのですが、現場の現象や数字を諳んじることのできる能力は記憶力(Memory)に尽きるのです!
ボケないように、お互い、がんばりまひょ(^0^)

いわき経営コンサルタント事務所の概要は、
http://www.imcfujimoto.net/
いわき経営コンサルタント事務所へのお問い合わせは、
http://www.imcfujimoto.com/?cid=5



ホーム事務所概要事業案内いわき夢実現塾お問い合せ

代表プロフィール視察記 | ビジネスと人生に役立つメルマガ「人生いろは考」代表藤本のブログ

経営コンサルタントの重宝リンク集 | リンク