『運』

【瀬戸内海です!】

 

まずはじめに、研修を終えたある受講生からハガキでお礼状を頂戴したのですが少し気に
なる表現があったので、そのことからお話させていただきます。

 

そのお礼状には、
「誰でも努力さえすれば幸せになれるんでしょうか?」
との質問がありました。

 

彼のそれまでの人生を自分なりにかなり努力されたのでしょうね!?
文面から、そのことを感じ取ることができました。

 

私は彼への返事に「答えはもちろん!」としました。

今回はその答えに補足をしたいと思います。

「働けど働けど我が暮らし楽にならず」と言う人たちが残念ながら世の中に大変多く存在
します。

 

何故なのでしょう?
それは「同じ努力をするなら、その努力の仕方を知り、行う」ことをしない人が多いのか
らなのです。

 

 

実は「仕方」とは「働きかけ」なのですね。
「働きかけをする」という言葉の前に「誰に」「どんな目的で」をつければもっと理解で
きますね。

 

「自分のための努力」より「人のための努力」の方が正しい「働きかけ」だと私は思います。

「オレがオレが、私が私がの我のガ」
で生きているよりも「おかげおかげのゲ」で生きる方が絶対に感謝の気持ちがありますよね!?

 

後にも書きますが、「お陰様」で生きるためには素直に人様の好意を受けることに尽きます。

くどいようですが「努力の仕方」を間違えている人は、人様の手助けを素直に得ようと
しません。

 

そのくせ「他人の喜び、自分の不幸」「他人の不幸は、自分の喜び」になって不思議な
感情を持ってしまう人が大勢います。

 

ですから、テレビや雑誌のゴシップ・スキャンダルが売れるのですね。

 

さてそれでは、『運をよくする』ことからお話を始めましょう。
だれでも『運』を良くしたいと思っていますよね?
さだまさしさんの歌で「無縁坂」というのがあります。
私のカラオケ18番の一つなんですが、・・・?!

「母がまだ若いころ、ぼくの手をひいて、この坂を登るたび、いつもため息をついた。
    ・・・・運がいいとか、悪いとか・・・・人はいうけれど・・・」
と歌われるんですがしんみりさせられます。

 

どちらかというと暗い歌ですね。
でも、一つ一つの詩の深さはものすごく示唆的ですね。

マホメットの教典にこんなことが書いてあるんです。
      心構えが変わると行動が変わる
      行動が変わると習慣が変わる
      習慣が変わると人生が変わる
      人生が変わると運命が変わる

 

すなわち、『運命・運』というのは変えることのできるものなのです。
心構えを変えるのです。

 

勇気が必要ですが、自分自身の人生を変えてゆく第1条件なのですね。

私がご縁をいただいているとある専業卸売業団体の参加企業各社には「共通標語」のよう
なものをボードに印刷し、配布されております。各社のもっとも目立つ所に掲示されてい
ます。

 

先ほどと同じ様な文章があります。
大変参考になりますのでご紹介しましょう!


 『人は考えた通りの人間になる』
 もし、あなたが負けると考えたなら、あなたは負ける。
 もし、あなたがもうダメだと考えたなら、あなたはダメになる。
 もし、あなたが勝ちたいと思う心の片隅でムリだと考えるなら、あなたは絶対に
 勝てない。
 もし、あなたが失敗すると考えるなら、あなたは失敗する。
 世の中を見てみろ、最後まで成功を願いつづけた者だけが、成功しているではないか!
 すべては、人の心が決めるのだ!
 もし、あなたが勝てると考えるなら、あなたは勝つ。
 向上したい、自信を持ちたいと、もし、あなたがそう願うなら、
 あなたはそのとおりの人になる。
 さあ、再出発だ!
 強い人が勝つとは限らない。
 すばしこい人が勝つとも限らない。
 私はできる、そう考えている人が結局は勝つのだ!

 

ところで『宿命』というのは変わりようのないものなのです。

『宿命』だけは、どんなにもがいても悔やんでも変わらないのです。

日本人に生まれたことは変わりっこないのです。
今の家庭に生まれたことも変わらないのです。
もちろん男や女に生まれたことだって変わらないのです。
 (性転換で変わったつもりの人もいますが、事実は絶対変わらないのです。)
だから、『宿命』については素直にその事実を認めるべきなのです。

 

これができずに今を改善できない人がいるのですね。
残念ながら改善できませんから、今を脱却できずに苦しむのです。
改善というのは「事実の認識」から始まるのです。

 

しかし『運命』は変えられるのですよ!
この『運命』を変えようとすることが「運をよくする」始まりなのです。
そして、その努力が効果として顕れ始めた時「運がよくなる」のですね。

さあ、それじゃ、『運』をよくするためには何をしたらいいでしょうか!?
それは、さっき述べましたように「心構え」を変えることなのですね。
でも「心構え」を変えるためには、どうしたらいいのでしょう?


これは私のお勧めです!

 

私は『運』のいい人とつき合うことにしているのです。
なぜかと言いますと理由は簡単なのです。

 

それは「運のいい人」から「心構え」の見本手本を目の当たりに見させてもらうのです。
どうです。簡単でしょう!

 

「運のいい人」は、いつも『運』がよくなるように考えたり、行動をしているのです。
『開運(運を開拓してゆく)』のための無意識の努力をしているのです。
彼らのやっていることの一つでも二つでも真似ることをすればいいのです!

 

ですから・・・、『運』のいい人とつき合う、『運』のいい人に出会うということにつき
ますよね!?

 

実に簡単なことなのです。

しかし、どうも『運』のつかない人には、それが難しいらしのですね。
「わかっちゃいるけど、できゃしない」のですかね・・・(^^;

それじゃ、「心構え」に逆戻りになってしまうのですね。

 

とにかく騙されたたつもりで『運』のいい人を探し、見つけだしてください!
そして、ぜひお尽き合いをさせてもらえるようにしてください!

でも言っておきますよ。

 

『運』のいい人は、誰も彼も共通する特質を持っています。
その典型は「挨拶」を大切にします。
そして「お礼」がきちんと言えるのです。
特に「お礼状」を書いたりすることができます。
手紙を書くことは文化なのです。
手紙も書けないのでは困るのです。

『運』のいい人はみんな文化水準が高いのです。
ですから、ますますいい生活ができるのです。
最高の文化は助け合いなのです。

 

最低の文化はケンカなのです。

世の中暗く生きている人は、とかく「人にイチャモンをつける人」が多いですね・・・(^^;
まさしく、運の悪い人はケンカを売っているのですね。

 

『運』のいい人は、
「世のため、人のため」を考えて自分の生き方を決めています。
というよりか周囲に「感謝」して生きています。

 

「人に喜ばれること」を主眼にしますから、多くの人から好かれるのです。
だから多くの人から知らないうちに、逆に手助けを受けているのです。

もうおわかりでしょう!

 

あなたの人生は、本当はすばらしく、よくなるはずなのです!
『開運』というコトバをご存じでしょう?

 

これは「運を開ける」と書くんですから、窓を開けることに違いないのです。
その窓とは「心の窓」ではないでしょうか!?

もしかすると、あなたの周囲にいる「運の良い人」は、あなたにとって煙たい人かも知れ
ません。

 

でも、勇気を持って『運』のいい人の懐に潜り込んで下さい!
本当に暖かいですから・・・(^o^)
ただし、生き方・行動規範は厳しいですけれどね。
でも、それが快感になるのですね。

また、『運』というのは運ぶものなのです。
ですから力がいるのです。
「棚からボタ餅」の『運』なんてないのです!

「運がいいとか悪いとか」は全部、自分の力の具合なのですね。
自分の力をもっともっとつけるために、あなたを正しい方向に導いてくれる人にぜひ出会
ってください。

 

それは「努力の仕方」なのですね!

 

ありがとうございました。

 

いわき経営コンサルタント事務所ホームページ
http://www.imcfujimoto.com/

 

いわき夢実現塾
http://www.imcfujimoto.com/?cid=4




ホーム事務所概要事業案内いわき夢実現塾お問い合せ

代表プロフィール視察記 | ビジネスと人生に役立つメルマガ「人生いろは考」代表藤本のブログ

経営コンサルタントの重宝リンク集 | リンク