「即考動」を!

【ドイツ;ローデンブルク城壁から】

 

いわきのガソリン価格が高いのです!
腹が立つほど高いのです。

本来は、原油価格の暴落で下がってもいいのですが!

 

一昨日、自宅から隣町の茨城県北茨城市にちょっと移動しました。
自家用車の燃料メーターが半分を示しておりましたので、出掛けに、いわきで会員になっている
ガソリン・スタンドに行きました。
私の自家用車は、ハイオクを原則入れることになっています。
道路から、現在価格が見えました。
な・な・なんと1リットル147円もするのです。
もちろん止めました!
直ぐさま、系列のセルフ店はいくらなのか見に行きましたら、なんと145円なのです!

先ほど、全国平均ガソリン価格(令和2年6月30日の看板価格データ)を調べてみました。

 順位  レギュラー   都道府県  ハイオク   都道府県
  1   113.50円   徳島県   124.61円  和歌山県
  2   114.50円   和歌山県  125.33円  徳島県
  3   114.95円   鹿児島県  126.00円  岩手県
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   36       128.26円          福島県*     139.17円    栃木県
   37       128.50円        福井県       139.19円      福島県*
   38       128.63円        広島県       139.50円    福井県
   39       129.20円        宮崎県       140.00円    滋賀県
   40       130.18円    滋賀県       142.45円

 

やっぱり、福島県は高い県の部類に入っている!・・・んでぇ、なんでハイオクが139.19円なのに
行きつけのGS店頭価格は147円なの??(^^;

 

それよりも・・・皆さん!
不思議ですね!?
ガソリン価格で大騒ぎしませんね!?

もう、放射能測定値でも大騒ぎしませんね!?

今は、コロナ・コロナのオンパレード(^^;

 

これが自然だとお考えでしたら、ビジネス・リーダーには不向きです!
「商人とは、ひっくり返ってもタダで起き上がるな!」
なんですね!

 

価格もそうですが、数値に鈍感になったらダメです!

だいたい、数字を敬遠する企業や管理者で実績を上げている人は一人としていません!
ですから私は、ご縁ができる企業で真っ先に試みるのが、細かい数値をどこまで諳んじられるか?
・・・なんです!

 

小売業でしたら、
 「部門別の売上高と構成比を教えて下さい?」
 「客数は?」
 「客単価は?」
 「買上点数は?」
 「平均一品単価は?」
 はたまた、「PI値は?」なんて・・・(^^)

 

まだありますよ!
 「商品回転率は?」
 「在庫日数は?」
 「部門別(カテゴリー別)在庫金額は?」
 「部門別(カテゴリー別)荒利益率は?」
 「月間経費高は?」
 「経費率は?」
 「人件費率は?」
 「労働分配率は?」
 「損益分岐点は?」
 「経営安全率は?」・・・(^^)

 

何度も申し上げますが、最後は「結果責任」なのです!

皆さんが決めた職業、仕事、会社で起こる出来事によって自分自身に及ぶ影響は全部、「自己

責任」なんです!

そのことが理解できたら「自己防衛本能」が鋭くなります。

 

戦場でも、現在の置かれている社会状況下でのビジネス・リーダーは、まったく同じなのです!

 

私は、こんな問題・課題を管理者研修で投げかけます!

*********************************************

真夏の5坪ほどの会議室に5人の管理者候補生が会議をやっています。
暑くなってきました。
さてあなたは、どの管理者候補生がビジネス・リーダーとして適格だと思いますか?
きちんと理由まで述べて下さい。

  1)そうだなぁ・・・皆んなに、暑いか暑くないか打診してから行動を起こす。
  2)うんん・・・皆んなが暑いと言いださない限り、まだいいだろう〜。
  3)暑くなったなぁ・・・よっしゃ、クーラーの温度を下げよう!
  4)まぁ・・・だれかが行動するだろうから・・・。
  5)あんまり、暑い寒いは感じない方だから・・・。

 

答えだけ言います。
 3)なのです!

 

一番多い間違った答えが、1)なのです!
最悪はお分かりですね! 4)と5)なのです!

 

日本人のいいところでもあるのですが、悪いところは・・・「みんなが始めたら」なんです。

でもビジネス・リーダーの必要十分条件は、「即考動」なんです!
「考動」って、考えながら、思いついたら動く。
動けば「変化」が起こるんです!
それを恐れてちゃダメなんです!
その「変化」にまた即適応することなんです!
「変化」の相乗積が「進化」なんです!!

 

ありがとうございました。

 


 




ホーム事務所概要事業案内いわき夢実現塾お問い合せ

代表プロフィール視察記 | ビジネスと人生に役立つメルマガ「人生いろは考」代表藤本のブログ

経営コンサルタントの重宝リンク集 | リンク